MySQLのTIMESTAMPDIFF()関数について

TIMESTAMPDIFF()関数の第一引数にHOURやMINUTEを指定する際に注意するべき点は、第二、三引数で指定された時間が切り下げられること。

例えば、時差が一時間未満なら結果は0になる

SELECT TIMESTAMPDIFF(HOUR, '2013-01-01 01:00:00', '2013-01-01 01:59:00')

時差が一時間以上、二時間未満なら結果は1になる

SELECT TIMESTAMPDIFF(HOUR, '2013-01-01 01:00:00', '2013-01-01 01:59:00')

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です