オライリーの書籍「入門機械学習」について

・S言語とはR言語の元になった言語

・線形回帰とは

http://www.teradata-j.com/library/ma/ins_1309.html

・R言語のインストール方法

http://www.okada.jp.org/RWiki/?R%20%A4%CE%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB#pbac840c

http://essrc.hyogo-u.ac.jp/cran/

・本書でpackage_installer.Rについて触れているが、このソースコードが記載されているのサイトURLが記載されていなかったので、調べた結果以下のURLから取得出来る

https://github.com/johnmyleswhite/ML_for_Hackers

・IDEは以下の物を使用する

http://www.rstudio.com/ide/

・参考になったサイト

http://sssslide.com/www.slideshare.net/KazufumiOhkawa/12-20049278

http://atnd.org/events/38337

・ドット文字「.」について

ドット文字は単語間の区切り文字で、変数名に入れることが出来る。ただし、変数名の先頭には入れる事は出来ない。javaでは変数をredAppleと書いて区切り文字に大文字を使っていたが、R言語ではred.appleと書く事が出来る。

・ドルマークについて

データフレームの中のカラム変数を指定するためには、データフレームを明示的に指定した後にドルマーク”$”で区切る必要があります。by http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1008/20/news092.html

・コロンについて

http://d.hatena.ne.jp/myopomme/20110417/1303006942

・忘れやすい行列の積の計算の覚え方

http://d.hatena.ne.jp/tackngybe/20101109/1289241733

http://naop.jp/text/c/gyouretu3.html

・R言語の入門サイト

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html

・ベクトルと行列の積

ベクトルは行数または列数が1の行列として扱うことができますから、ベクトルと行列の積も行列同士の積と同じように定義することができます。by http://www.snap-tck.com/room04/c01/matrix/matrix02.html

・関数の戻り値、return()関数について

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/31.html

・分散の求め方について

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1354421658

・paste関数について

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/17.html

・sapply,lapplyについて

http://d.hatena.ne.jp/myopomme/20111202/1322839101

http://d.hatena.ne.jp/myopomme/20111201/1322751032

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/24.html

・prod関数について

http://help.scilab.org/docs/5.3.2/ja_JP/prod.html

・中央値について

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1074509460

・行列の作成

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/19.html

・length()について

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/12.html

・name属性について

http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/26.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です