ザ・バンク

IBBCという国際商用信用銀行がミサイル誘導装置を購入したという内部告発者と接触した刑事、シューマーがその直後に死亡。その瞬間を目の前で見ていた刑事、サリンジャーは他殺だと判断。サリンジャーはIBBCのスカルセンの証言に矛盾を見つけ、自らIBBCに出向く事にする。インターポールはあくまでその国へ情報を提供したりするだけで、直接逮捕は出来ないそうだ。

誘導ミサイルを製造している男が演説中に狙撃され殺害されてしまう。インターポールの捜査に協力しようとしたからだ。その狙撃主を雇ったのはIBBC。そのときの狙撃主は二人居て、一人目が最初に撃ったが外し、次に二人目の狙撃で殺害。現場に居た現場主任の警察官が一人目の狙撃主の部屋に突入し銃撃。その警官は他の者を呼んでくるように指示し、部屋には犯人と二人きりになり、そしてトドメの一発を頭部に銃撃し、部屋にあらかじめ準備していた薬莢を落とした。それは、一人目の狙撃主は一発だけしか撃ってないが演説現場には二つの弾痕が残されているからだ。一人目の狙撃主は囮で二人目の狙撃主が本命ということは、一人目の狙撃主は外さなくてもどっちみち殺されていた。

サリンジャーは弾痕の抜けた穴を覗き込み、二人目の狙撃主の現場を特定し、そこに残されていた靴跡から義足だと判明。空港の金属探知機の監視カメラからその人物を特定しニューヨークへ向かう。

感想:銀行が武器を売るのは合法でインターポールが捜査していたのは資金洗浄でこの裏づけとなるから。銀行は資金洗浄がバレてしまうのを防ぐために内部告発者やインターポール捜査官、演説中のカルビーニを次々と消していった。サリンジャー捜査官は資金洗浄のことよりこの殺人事件の犯人を追っていたが証言させるはずの殺し屋が死んでしまう。正義感と信念が強いサリンジャー捜査官はいつのまにか借金を売って一国を支配しようと試みる銀行の悪事を裁こうとしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です