rain

PSNStoreから1500円でダウンロード購入してプレイするゲーム。怪物に追われ逃げ惑う少女を目撃した男の子。少女も怪物も透明で男の子は見える存在だったが、後を追ってしまい自分も透明になってしまう。男の子は雨に打たれている時は視認されるが、雨が降っていない場所に移動すれば完全に透明になり視認されなくる。少女を追う少年は道中で怪物達に出会うが、この特性を生かして危険を回避して行く。

ジャンプボタンを押したはずなのに直前にロードが入って画面が一瞬固まってジャンプせずに落下死は止めてくれ。まだゲームを初めて数秒しか経ってないのに即効死んだw。カメラ位置は固定で進む方向が死角になっていて分かりにくい所があって右往左往している内にやられてしまう事が何度かあった。

最後になって気づいたけどはっきりとした町並みがだんだんとシンプルになっていってた。光に近づいた時に町並みが急にはっきりとしたから分かったが。少女と少年が紛れ込んだのは生と死の狭間で、少年と少女は重い病に罹っていた。その世界には怪物がいて、襲い来る死の怪物から協力して助け合い光の方へと進んでいく。そこには彼女自身がベッドに横たわっていて体を揺らすと、透明だった彼女のもう一つの体がだんだんと見えてくるようになる。この世界から抜け出すには自分自身を起こせばいいかもしれないと分かった所で怪物が登場。はたしてこの世界から無事抜け出せるのか。

何度も死にまくるゲームで一気には出来なかったけど最後は感動した。少女を助けずに自分の家へ一直線に走ってしまい、少女が亡くなってゲームオーバーは自分が嫌になったわw。これまでの流れから少女は怪物から一人でなんとか逃げ切ってたから助けなかったんだがw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です