ノルウェーに訪れた極夜、太陽光を山に設置した鏡で反射させ町に光を照らす

ノルウェーといえば夏は夜になっても明るい白夜が訪れますが、9月から3月にかけては逆に真っ暗になる極夜が訪れます。今から100年前、その極夜の対策としてRjukanという町では、山に鏡が設置され光の直接届かないその町へ太陽光を反射させて明かりが照らされ続けてきました。article-2474800-18D7CF1200000578-890_964x641 article-2474800-18D7D0A400000578-635_964x639 article-2474800-18D7D62300000578-695_964x641 article-2474800-18D7969A00000578-39_964x640

by http://www.dailymail.co.uk/news/article-2474800/Norwegian-town-Rjukan-enjoys-winter-sunlight-time-history-using-heliostats.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です