Blenderでテクスチャーを貼り付けたチューブオブジェクトの作り方

参考にしたサイトURL

http://wiki.blender.org/index.php/Doc:JA/2.6/Manual/Modeling/Curves

http://www.youtube.com/watch?v=B1jSY6FvIFw

Blenderの使い方

Add→Curve→Bezierを選択して配置し、Tabキーを押してObjectModeからEditModeにする。曲線のControlPointを右クリックして好きな形を作れる。曲線を増やすにはControlPointをクリックして選択してからEキーを押して適当な場所を左クリックするとそこまで曲線を延長出来、ControlPointとHandleが増えていく。

次にAdd→Mesh→Cylinderを選択して配置。Sキーを押してマウスを移動させて大きさを変えれる。左クリックで確定する。Nキーを押して右メニューを表示させる。そのなかのRotationのY軸を90度にして向きを整える。ObjectModifiers→AddModifier→GenerateのArrayをクリック。その中のFitTypeのFitCurveをクリックすると、したにCurveメニューが出てくるので、その中のさきほど作成したBezierCurveを選択。

CylinderにMaterialが作成されているのを確認してからTextureを作成する。Textureの中のTypeからImageOrMovieを選択。ImageのOpenから好きな画像を持ってくる。MappingのProjectionからTubeを選択。レンダリングしてちゃんと反映されているか確認する。

CylinderのObjectModifier→AddModifier→Curveを選択。出てきたメニューのObjectに先ほどのBezierCurveを選択。Tabキーを押してEditModeにしてWキーを押してsubdivide→NumberofCutsの番号を増やす。最後にShadingのSmoothを選択してオブジェクトモードにすると出来上がる。レンダリングして確認する。まだあった、オブジェクトモードで Alt + C > のMesh from Curve/Meta/Surf/Textで曲線をMeshに変換(Convert)する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です