MotionBuilderからアニメーションをFBX形式でエスクポートした物のインポート設定の詳細

http://download.autodesk.com/global/docs/motionbuilder2014/ja_jp/index.html?url=files/Character_Controls_File_menu.htm,topicNumber=d30e80397

基本的にリターゲットにチェックマークを入れる。リターゲットにチェックマークを入れると現れるAdd KeyFrameはエスクポートとインポートキャラが同一であればチェックを入れる必要はない。これはインポートファイルとインポート先のキャラクターのアニメーションの再現率を上げるために自動でキーフレームを追加するオプション。デメリットはキーフレームが増えてしまうため、修正がしにくくなる。

リターゲティングを行うと必ず劣化する。出来るだけ劣化させないようにするには一つのキャラクターですべてのモーションを作成し、他のキャラクターへのリターゲティングの回数は極力少なくする事。劣化というのは元のキーフレーム数に対して、リターゲティング先のキーフレーム数が増加してしまうことで、キーフレームを増加させずにリターゲティングをするとモーションがおかしくなってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です