https接続をコマンド数行で実装

https接続は3段階のレベルのセキュリティーがある

一番レベルの低いhttps接続を実装する

httpsについて解説したサイト

certbotで簡単実装

#ファイアウォールのポートを開放していなければ開放する
sudo ufw allow 443
sudo apt-get install python-letsencrypt-apache
letsencrypt --apache
letsencrypt renew --dry-run --agree-tos
letsencrypt renew

#期限は90日なので、一ヶ月ごとに自動更新
sudo crontab -e
00 05 01 * * letsencrypt renew --force-renewal && service apache2 reload

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です